株式会社ビーエムプランニング

注文住宅をお考えの方必見!屋根の種類について解説します!

無料相談会ご予約はこちら

注文住宅をお考えの方必見!屋根の種類について解説します!

注文住宅をお考えの方必見!屋根の種類について解説します!

2021/08/20


注文住宅での屋根を決めたいが、どのような屋根にしようか迷っている方は多いと思います。
この記事では、屋根の種類と屋根の形を決める際の注意点を紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□屋根の種類についてご紹介!

注文住宅での屋根を考えている方にとって「屋根をどんな種類にするか」は悩みの種ですよね。
屋根は主に4つあります。
そこで、屋根の種類4つを詳しく解説していきます。
屋根選びの際の参考にしてみてください。

1つ目の屋根は切妻屋根です。
切妻屋根は、住宅街でよく見かけるのではないでしょうか。
「家を描いて」と言われた時に、多くの方が描く三角の屋根が切妻屋根です。
シンプルなこと・換気性に優れていること・ソーラーパネルを設置しやすいことが切妻屋根のメリットです。

2つ目の屋根は寄棟屋根です。
寄棟屋根は4面から作られた屋根です。
切妻屋根と似ていますが、4面で作っているため切妻屋根より傾斜が緩やかなのが特徴です。
高さの制限がある土地でも有利なこと・耐久性が高いことがメリットです。

3つ目の屋根は片流れ屋根です。
片流れ屋根は、片方だけが流れ面になっている屋根のことです。
片流れ屋根は屋根裏スペースを有効的に活用できる・見た目をオシャレにできることがメリットです。

4つ目の屋根は陸屋根です。
陸屋根は、傾斜のない平らな屋根のことです。
陸屋根はメンテナンスやリフォーム工事が楽なことがメリットです。

 

□ 屋根の形を決める際の注意点をご紹介!

屋根の種類を考えている方の中には、屋根の形を決める際の注意点も気になると思います。
そのような方のために、ここからは屋根の形を決める際の注意点について解説していきます。

1つ目の注意点は、家を守る機能が備わっているかどうかチェックしましょう。
屋根は、断熱・防水・耐震などの家を守る機能が備わっています。
屋根の形によっては、1つの機能に特化しているものもあるため、自分の求める機能を持つ屋根を選びましょう。

2つ目の注意点はメンテナンスコストをチェックしましょう。
上述しましたが、屋根には断熱や防水のための機能が備わっています。
そして、それらの機能を保つため、定期的なメンテナンスを行う必要があります。
屋根の種類を決める際は、建築の初期費用とともに定期的なランニングコストも確認しましょう。

 

□まとめ

今回は、屋根の種類と屋根の形を決める際の注意点を紹介してきました。
当店では、住む人のライフスタイルを考えた住み心地の良い住宅を提供しています。
お困りごとがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。