木造と鉄骨の違いを知る!それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介!

無料相談会ご予約はこちら

木造と鉄骨の違いを知る!それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介!

木造と鉄骨の違いを知る!それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介!

2023/12/30

環境に配慮し、長期的な住宅投資を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

耐久性とコストのバランスを考えながら、将来のリフォームや耐震性についても考慮したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、木造と鉄骨造住宅の特徴を比較し、木造と鉄骨の違いや木造住宅と鉄骨造住宅のそれぞれのメリット・デメリットについて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□木造と鉄骨の違いとは?それぞれの特徴をご紹介

 

木造住宅は日本の伝統的な工法である木造軸組工法やツーバイフォー工法で構築されます。

これらは高温多湿な日本の気候に適しており、柱や壁など構造体の大部分が木材でつくられています。

 

一方、鉄骨造住宅は重量鉄骨と軽量鉄骨を利用したブレース工法やラーメン工法が特徴です。

これらは開放感のある間取りや高い耐火性を実現し、一定の品質を保てます。

 

1:木造住宅の工法

 

木造軸組工法は柱と梁で骨組みを作り、筋違いや合板で組み上げる方法です。

窓の開放部分をとりやすく、設計の自由度が高いです。

木造壁式工法(ツーバイフォー工法)は、2インチ×4インチのパネル状木材を組み立てる方法で、面で建物を支えます。

 

2:鉄骨造住宅の工法

 

軽量鉄骨ブレース工法は軽量鉄骨で骨組みを作り、対角線で補強する工法です。

重量鉄骨ラーメン工法はボルトで連結した部分を溶接して連結する方法で、枠の内側を自由に設計できます。

 

□木造住宅と鉄骨造住宅のそれぞれのメリット・デメリット

 

木造住宅は調湿性や断熱性に優れ、自然素材の温もりを感じさせますが、耐震性や耐用年数は鉄骨造住宅に劣る場合があります。

鉄骨造住宅は開放的な間取りと高い耐火性を実現しつつ、建築コストや断熱対策に配慮が必要です。

 

1:木造住宅のメリット・デメリット

 

夏は涼しく冬は暖かく過ごせる木造住宅。

気密性が高く、日本の気候に適しており、また、コスト面でも鉄骨造より優位性があります。

 

しかし、耐用年数が鉄骨造りに比べ短く、職人の技術による品質のばらつきがあります。

 

2:鉄骨造住宅のメリット・デメリット

 

開放感のある間取りや一定の品質保持が可能で、火災保険料も安い傾向にあります。

 

しかし、建築コストが高く、断熱対策が必須です。

地盤が弱い場合は地盤強化が必要です。

 

□まとめ

 

木造と鉄骨造住宅には、それぞれ異なる特徴とメリット・デメリットがあります。

家族のライフスタイルや長期的な視点での住宅選びにおいて、これらの情報を参考にしてみてください。

自然素材の温もりを感じる木造住宅か、開放感と耐火性を重視する鉄骨造住宅か、最適な選択をすることが大切です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。