無料相談会ご予約はこちら

ブログ

注文住宅でよくある失敗例とは?失敗を避けるためのポイントも合わせて紹介!

2020/11/21

「初めて注文住宅を建てるが、どこに注意したら良いだろうか。」と疑問を持っている方はいませんか。

注文住宅では自分で決めるところが多いため、失敗する方は多いです。

そこで今回は、失敗例と対策について紹介します。

 

□失敗例について

 

まず初めに、比較的失敗例が多いと言われる収納スペースと配線について紹介します。

 

*収納スペースについて

 

収納スペースでの失敗は「収納したいものが入らない」ことです。

新築の注文住宅の場合、ある程度余裕を持った収納スペースを考えますが、それでも足りない場合が多いです。

なぜなら、建物全体に対する割合しか考えておらず、部屋ごとに合わせて考えていないからです。

 

物によっては、いくら幅があっても奥行きがなければ入らない物もありますよね。

高い場所で収納スペースが奥まで活用できなかったり、扉の位置関係で有効活用できなかったりする失敗は避けましょう。

 

*配線について

 

配線での失敗は「使えるコンセントの数が少ない」ことです。

新築当初は数が十分でも、家具や家電を配置したことでコンセントが隠れる場合があります。

目安として、掃除機を家全体にかけるときに、コンセントの数が原因でできない事態に陥らないか確認すると良いでしょう。

数や場所は広さや部屋数によっておおよそ決まっていますが、自分の生活環境に合わせて考えると良いでしょう。

 

□対策について

 

続いては、失敗しないための対策を紹介します。

それは、生活にあったプランニングをすることです。

これが失敗しない注文住宅づくりの第一歩と言えるでしょう。

 

多くの方は注文住宅を建てたことがないため、理想的な生活を思い描く場合が多いです。

そのため、雑誌やテレビで見た間取りを真似して、自分の生活に合わずに失敗する場合があります。

 

掃除や片付けが苦手な方はオープンキッチンや見せる収納は避けた方が良いですし、テレビを見ながら洗濯物を畳む方は立派な家事室を作らない方が良いでしょう。

今の生活習慣を基準として、理想や憧れを少し取り入れると満足して終えられます。

大きく変えないことを意識しましょう。

 

また、自分で収納スペースや配線を考えるのが苦手という方がいらっしゃるでしょう。

それぞれのお客様にあった提案をしますので、打ち合わせのときに是非相談してください。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅における失敗例とその対策について紹介しました。

収納スペースや配線を普段の生活で考えている方は少ないでしょう。

しかし、注文住宅を建てて生活を始めてみると後悔する方が多いです。

理想的な間取りにばかり囚われず、自分の今の生活環境を中心にして考えましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。