無料相談会ご予約はこちら

注文住宅でガレージにこだわろう!押さえておくべき基本ポイント

注文住宅でガレージにこだわろう!押さえておくべき基本ポイント

2020/11/29

注文住宅を建てるときにガレージも設置しようと考えている方はいらっしゃいませんか。

車が好きな方や車を頻繁に使用する方はガレージを設置すると良いでしょう。

今回は、ガレージについて必要な広さや注意点を紹介します。

 

□必要な広さについて

 

駐車スペースを狭くした場合は以後何十年と我慢する必要があるため、駐車スペースの広さは大切です。

ここでは、初めに一般的な寸法を紹介し、その後に敷地面積の関係で十分に確保できないときの対処法を紹介します。

 

一般的な寸法は「幅2.5メートル×長さ5.0メートル 車路幅5.0メートル」と言われています。

しかし、車椅子を利用する方が家族内にいる場合や、バイクや自転車といった車以外の乗り物を置く場合はさらに広いスペースを用意しましょう。

 

ガレージを作るときには車の大きさや高さも考慮する必要があります。

建築時点に所有している車だけではなく、将来のことも考えましょう。

大きなワゴンタイプの車を購入する可能性があれば、そのサイズに合わせて作ると良いでしょう。

 

中には、購入した土地が狭くて駐車場を作れない、という方もいるでしょう。

そういった方にはビルトインガレージをおすすめします。

ビルトインガレージとは、駐車スペースを建物の一部に組み込んだガレージを指し、狭いスペースでも駐車場を確保できます。

 

ただし、建築基準法によって高さに制限があり、場合によっては設置できないため注意しましょう。

各用途地域によって制限が異なるため、一概には説明できません。

 

□注意点について

 

続いては、ガレージを作るときの注意点について紹介します。

それは、先ほども少し説明しましたが、将来の車の所有事情を考慮することです。

理解しやすくするために新婚夫婦を例にとって説明します。

 

仮に、車通勤する男性と車を滅多に使わない女性の夫婦で、軽自動車を1台持っていたとしましょう。

このときに「駐車スペースは1台で十分」と考える方がいます。

当分の間は心配いりませんが、将来的には女性が仕事を始めて車通勤になったり、子供を授かり、家族が増えたりすることが考えられます。

その場合、車を買い換える、もしくは購入する必要があります。

 

駐車場やガレージは家のスペースとの兼ね合いで作るため、駐車スペースの拡大は容易ではありません。

買い換える可能性のある車の大きさや台数の増加などを考慮に入れて設計しましょう。

 

□まとめ

 

今回は、ガレージについて紹介しました。

駐車するときに必要なスペースがわかったと思います。

ガレージを作った後に広くするのは難しいため、現在の車のことだけでなく、将来の車のことも考えてガレージを作りましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。