株式会社ビーエムプランニング

注文住宅をお考えの方に向けて!キッチンで後悔しないためのポイントとは?

無料相談会ご予約はこちら

注文住宅をお考えの方に向けて!キッチンで後悔しないためのポイントとは?

注文住宅をお考えの方に向けて!キッチンで後悔しないためのポイントとは?

2021/07/15

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、キッチンについてです。
家づくりでは、キッチンに関する後悔が少なくありません。
では、後悔しないためにはどのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。
この記事では、注文住宅におけるキッチンの失敗例と、キッチン選びの際に考慮したいポイントをご紹介します。

 

□注文住宅におけるキッチンの失敗例とは

注文住宅を建てる際、キッチンに関する失敗例が少なくありません。
ここでは、そのたくさんある失敗例の中で代表的なものを2つご紹介します。

まず1つ目は、ゴミ箱置き場の失敗例です。
ゴミ箱を置くスペースを想定していなかったことから後悔したという事例です。
ゴミ箱は最低でも以下の3つが必要であるため、それらがすっきりと収納できるスペースを確保しておくことが大切です。

・燃えるゴミ
・燃えないゴミ
・ビン・カン

2つ目は、パントリーの失敗例です。
パントリーを用意したものの、使い勝手が悪くて後悔したという事例です。
パントリーを設置する際に大切なのが、奥行きです。

棚の奥にある食材はほとんど使用しないため、小さいものは奥行きの短い棚に収納することをおすすめします。
何を入れるか事前に想定した上で大きさを決めましょう。

 

□キッチン選びの際に考慮したいポイントとは

ここまで、家づくりをする際のキッチンに関する失敗例をご紹介しました。
では、このような失敗をしないためには、どのようなポイントに考慮してキッチン選びを行えば良いのでしょうか。

ここでは、そのポイントを3つご紹介します。

まず1つ目は、調理スペースの大きさを考えることです。
調理スペースを考える際は、実際に調理するシーンをイメージして検討することが重要です。
まな板を置いたときにどのくらい余裕があるのか、調理器具をおける余裕があるのかなどを意識しながら大きさを考えましょう。

2つ目は、通路スペースを考えることです。
調理する際の動きに気をつけてレイアウトを考えることは非常に大切です。
基本的には通路を広めに確保した方が良いため、十分な幅がない場合は奥行きを縮めるなどの対策が必要になるでしょう。

3つ目は、収納を考えることです。
何をどのくらい収納するのかをあらかじめ考え、その想定に合ったサイズの収納を設けましょう。

 

□まとめ

注文住宅におけるキッチンの失敗例と、キッチン選びの際に考慮したいポイントをご紹介しました。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。