株式会社ビーエムプランニング

注文住宅の購入を検討中の方へ!照明の選び方について解説します!

無料相談会ご予約はこちら

注文住宅の購入を検討中の方へ!照明の選び方について解説します!

注文住宅の購入を検討中の方へ!照明の選び方について解説します!

2021/08/22

照明にはさまざまな種類があって、どの照明を選べば良いか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は注文住宅の照明の種類と選び方を紹介していきます。
ぜひ照明選びの参考にしてみてください。

 

□照明の種類をご紹介!

照明の種類は大きく分けて4つあります。
シーリングライト・ペンダントライト・スポットライト・ダウンライトです。
それぞれ具体的に説明していきます。

シーリングライトは、住宅の天井に設置するライトです。
高い位置からまんべんなく均一に部屋を照らせます。
主にリビングや子供部屋のメイン照明として使われているのをよく目にしますよね。
天井に直接固定できるので、圧迫感が少なくスッキリとした空間ができます。

ペンダントライトは、天井から吊り下げるタイプの照明です。
低い位置から照らすため、部屋に陰影ができておしゃれな雰囲気ができますね。
またデザイン性の高さから、部屋のアクセントとしてよく利用されています。
光量を気にしない寝室に使うことがおすすめです。

スポットライトは、天井や壁に取り付けてピンポイントに照らすことが可能な照明です。
設置した後もライト1つずつの向きを変更できます。
ピンポイントに照らす証明なので、まんべんなく部屋全体を照らしたい場合は、ライトを複数取り付け、1つ1つの照らす向きを変えるようにしましょう。

ダウンライトは、天井に埋め込むタイプの照明です。
埋め込み式のため、部屋を圧迫感のないスッキリとした空間にできます。
しかし、ダウンライトは小さいため1つで部屋全体を照らすことが難しいです。
複数取り付けて明るさを確保するかペンダントライトといった他の照明と組み合わせると良いでしょう。

 

□照明の選び方を各場所ごとにご紹介!

ここからは、照明の選び方を玄関・リビング・寝室に分けて解説していきます。

玄関は、お家の第一印象を決める場所になります。
玄関が暗いと家全体のイメージが暗いものになってしまいます。
そのため、玄関に自然光が入りにくい場合は明るさを意識した照明を選ぶようにしましょう。

リビングはさまざまな目的で使用しますので、状況に応じて適した明るさが異なります。
そのため、照明に調光機能があるものを選ぶことをおすすめします。

寝室は、リモコン操作ができる照明を選ぶことをおすすめします。
「布団の上でごろごろしてそのまま眠りにつきたい」と思ったときに、歩いて電気を消さなければいけないのは大変ですよね。
リモコン操作ができると、日々のちょっとした手間を省くことができます。

 

□まとめ

今回は注文住宅の照明の種類と選び方を紹介しました。
照明にはさまざまな種類があります。
自分の好みに沿った照明を明るさとのバランスを考えながら取り付けるようにしましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。