株式会社ビーエムプランニング

マイホームに必要なお金とは?購入前と購入後それぞれのお金について解説します!

無料相談会ご予約はこちら

マイホームに必要なお金とは?購入前と購入後それぞれのお金について解説します!

マイホームに必要なお金とは?購入前と購入後それぞれのお金について解説します!

2022/09/16

マイホームの購入をお考え中で、どんなお金がかかるのかと不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
購入時には家の購入費用の他にも様々なお金がかかり、購入した後からもお金がかかります。
そこで今回は、マイホームを購入するのに必要なお金について解説します。

 

□マイホームの購入時にかかるお金

 

*税金

マイホームを購入する際には様々な税金がかかります。
不動産取得税や印紙税、消費税が主な税金になります。
不動産取得税は、土地や建物の購入にかかる税金で、税率は固定資産税評価額の4パーセントが原則です。
印紙税は各種契約書にかかる税金で、消費税は仲介手数料等にかかります。

 

*頭金

ローンを組む前に、手持ちの資金から購入費用の一部を支払うお金のことを頭金と言います。
頭金が多いほどローンの軽減はできますが、無理して手持ちのお金がなくなってしまうことはいざという時に対処できません。
人にもよりますが、頭金の目安は購入価格の2割程度です。

 

*その他費用

他にも細かな費用がかかります。
不動産を購入した際には司法書士に登記を依頼するので、その登記費用がかかります。
火災保険料や水道負担金、引っ越し費用も忘れてはいけません。
お金が足りない事態にならないよう、出費の管理は丁寧に行いましょう。

 

□マイホームを購入後にかかるお金

マイホームの購入後にかかるお金は、住宅ローンと維持費に分けられます。

購入後にかかるお金でやはり一番気になるのが住宅ローンの支払いでしょう。
住宅ローンの返済額は、家の購入費用やローンの組み方によって異なりますが、返済期間は20~35年となる人が多いです。
長期的に毎月の支払いがあることを考えて無理のないローンを組みましょう。
また、頭金の額を増やすことで、ローンの借入額を減らし後々の支払いを軽くすることもできます。

マイホームの購入後には様々な維持費がかかります。
家や土地には固定資産税や都市計画税が毎年かかるので、忘れずに納税しましょう。
マイホームの場合はマンションのように修繕積立金の支払いは必要ありませんが、修繕は自分のお金から行わなければなりません。
急に多額の修繕費用が必要になってからでは出費が難しい可能性もあるので、マイホームの場合でも修繕積立金は自分で用意しておくことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、マイホームを購入する前と後のお金について解説しました。
購入時点で手持ちのお金を使いきるのではなく、余裕を持って生活できるだけのお金を残しておくことをおすすめします。
マイホームをお考えの方は、お気軽に当社にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。