株式会社ビーエムプランニング

新築でシューズクロークを検討中の方へ!失敗例と気をつけるべきポイントをご紹介!

無料相談会ご予約はこちら

新築でシューズクロークを検討中の方へ!失敗例と気をつけるべきポイントをご紹介!

新築でシューズクロークを検討中の方へ!失敗例と気をつけるべきポイントをご紹介!

2021/12/16

「シューズクロークを検討しているが失敗例についても知っておきたい」
「シューズクロークを作る際の注意点は何だろうか」
シューズクロークを検討中の方でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は上記のお悩みを解消する情報をお伝えしていきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

□シューズクロークを作る際の失敗例について

シューズクロークを作る際に失敗するケースがあります。
そこでここでは失敗例について2つご紹介していきます。
失敗したくない方は必見です。

1つ目は、収納できるものが少ないことです。
ショーズクロークは靴箱以上に色々なサイズのものを収納できます。
間取りを計画するときには何を収納するのかを考えておきましょう。
そうすれば使いづらく感じることはありません。

また、来客用の玄関が物で散らかってしまうこともありません。
さらに、可動棚にすることも検討してみてはいかがでしょうか。

2つ目は、横幅が狭くて使いづらいことです。
横幅のゆとりを持たせてあげると失敗することはなくなるでしょう。

 

□シューズクロークを作る際の注意点について

ここまでシューズクロークを作る際の失敗例についてご紹介してきました。
シューズクロークを作ることを検討している方にぜひ知っていただきたいのが、いくつかの注意点です。
ここでは見逃しやすい3つの注意点についてわかりやすく解説します。
知っていると役に立つのでぜひ参考にしてください。

1つ目は、換気することです。
窓を設置することで収納量が減ってしまうことを心配する場合は、換気扇の設置をおすすめします。
換気をしなければシューズクローク内が臭くなってしまうので換気することを心がけましょう。
また、換気扇の代わりに室内に排気するルームファンをつけることも考えてみてはいかがでしょうか。

2つ目は、間取りにおいて収納量を考慮して決定することです。
収納するものに対して十分な広さが取れることが重要です。

3つ目は、扉をつけておくことです。
中がいつも整っているとは限りません。
家族だけが見るなら扉は必要ないでしょう。
しかし、来客の際に中身が見えないように扉をつけておくことをおすすめします。

 

□まとめ

今回はシューズクロークを検討中の方に向けてシューズクロークの失敗例と注意点についてご紹介しました。
当初のお悩みは解消されたでしょうか。
今回の情報を活用して素敵なシューズクロークを設置してくださいね。
ご不明点がある際はいつでも当社までご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。