株式会社ビーエムプランニング

リビング階段をお考えの方必見!メリットとデメリットについて解説します!

無料相談会ご予約はこちら

リビング階段をお考えの方必見!メリットとデメリットについて解説します!

リビング階段をお考えの方必見!メリットとデメリットについて解説します!

2022/03/09

「リビング階段のメリットとデメリットについて知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
新しい家を建てる際、階段をどこに設けるかについては悩みますよね。
階段の設置場所として、リビングを検討されている方も多いでしょう。

そこで本記事では、リビング階段のメリットとデメリットについてご紹介します。

 

□リビング階段のメリットについて

ここでは、リビング階段の3つのメリットをご紹介します。

1つ目は、リビングが広く感じられることです。
リビングに階段があれば、1階と2階につながりができるため、リビングが広く見えます。
さらに、リビングとは異なる場所に設けるのであれば、階段のためのスペースが必要になります。
しかし、リビングの中の場合、うまく敷地面積を活用できるため、リビングの間取りを広くとれます。

2つ目は、介護と子育てがしやすいことです。
特にお年寄りや小さい子供にとって、階段は転倒しやすい場所といえますよね。
そこで家族が多くの時間を過ごすリビングに階段があると、お年寄りや子供が階段を上り下りしているところを見守れるため、介護や子育てがしやすくなります。

3つ目は、家族のコミュニケーションが増えることです。
リビングに階段がある場合、2階の自室に行くためには一度リビングを通る必要があります。
そのため、家族と顔を合わせる機会が増え、自然と家族とのコミュニケーションが増えると期待できます。

 

□リビング階段のデメリットについて

ここでは、リビング階段の3つのデメリットをご紹介します。

1つ目は、冷暖房効率が悪いことです。
これは家の断熱性能による場合もあります。
断熱等性能等級4をクリアしており、さらに高断熱窓を設置すれば、冬場でもそれほど寒くなりません。

2つ目は、2階に音やにおいが伝わりやすいことです。
階段によって1階と2階につながりができると、2階にいる場合であっても、リビングからのテレビの音や料理のにおいが気になってしまうことがあります。

3つ目は、階段や2階からホコリが落ちてくることがあることです。
階段を上り下りするたびに、階段にたまったホコリがリビングに落ちてきてしまうことがあります。
気になる方は、こまめに掃除することがおすすめです。

 

□まとめ

本記事では、リビング階段のメリットとデメリットについて解説しました。
おしゃれなイメージのあるリビング階段ですが、デメリットも存在します。
今回紹介したことを参考に、階段を設置する場所についてしっかり考えてみてくださいね。
新居の階段についてお悩みの方は、ぜひ当社にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。