株式会社ビーエムプランニング

新築のキッチンで失敗したくない方へ!ポイントについて解説!

無料相談会ご予約はこちら

新築のキッチンで失敗したくない方へ!ポイントについて解説!

新築のキッチンで失敗したくない方へ!ポイントについて解説!

2022/03/16

「新築のキッチンで失敗したくない」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
毎日使うキッチンは使いやすい場所にしたいですよね。
そこで今回は、新築のキッチンで失敗しやすい点と失敗しないためのポイントについてご紹介します。

 

□新築のキッチンで失敗しやすい点とは?

ここでは、新築のキッチンで失敗しやすい点についてご紹介します。

1つ目は、収納スペースが足りないことです。
キッチンの収納スペースが足りない場合、調理器具をすぐに取り出すことが難しくなったり、片付けに時間がかかってしまったりします。
また、キッチンは調理器具だけでなく、様々な日用品を収納する場所でもあるため、収納スペースが少ないと後悔することが多いです。

2つ目は、必要な設備を削ってしまうことです。
予算を抑えるためにキッチンの必要な設備を削ってしまうことがあります。
この場合、使い勝手が悪くなったり、安っぽい見た目になる可能性があります。
金額だけでなく、機能性や設備の充実度についても意識することが大切です。

3つ目は、キッチンの高さが身長と合っていないことです。
キッチンは毎日使う場所であるため、高さが身長に合っていないとストレスになるだけでなく、腰痛の原因になってしまうことも考えられます。
理想的な高さは身長の半分の高さに5センチメートル加えた高さであるといわれているため、ぜひ参考にしてみてください。

 

□新築のキッチンで失敗しないためのポイントとは?

ここでは、キッチンで失敗しないためのポイントについてご紹介します。

1つ目は、生活に合った収納スペースをつくることです。
先程述べたように、収納スペースが不十分であることで後悔する例が多いです。
しかし、とにかくたくさんつくろうとするのではなく、まず、現在キッチンに収納している量を確認することが重要です。
そうすることで、無駄な収納スペースをつくってしまうことも防げます。

2つ目は、床の素材を滑りにくいものにすることです。
床の素材がツルツルしたものであれば、油料理の際は特に滑りやすくなるため危険です。
床をおしゃれなタイル素材にしたい場合は、素焼きされている、滑りにくいものを選びましょう。

3つ目は、動く範囲を考えて設計することです。
キッチンは大きくなくて良いと考えている場合であっても、家族が通りにくい狭さであれば、不満が溜まりやすくなってしまいます。
料理する人もしない人もストレスなく生活できるように設計しましょう。

 

□まとめ

本記事では、新築のキッチンで失敗しやすい点と失敗しないためのポイントについて解説しました。
今回紹介したことを参考に、家族が使いやすいキッチンを目指してくださいね。
新築のキッチンで失敗したくないとお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。